リノベーションとリフォームの違いって?

リノベーションとリフォームの違いって?
リノベーション
リノベーションとリフォームの違いってなんでしょうか?
なんとなく似てるような感じがする、という方も多いと思います。


リノベーションとは「間取りなども含めて手を加えてよくすること」の意味で使われることが多いです。
対してリフォームは、キッチ
ンをキレイにする。床を張り替えるなど、「老朽化した部分を作り変える」の意味で用いられます。

リフォームとは?リノベーションとは?

リノベーションとリフォームの違いって?
端的に言えば下記のように要約できます。

・リフォーム=古くなったものを新しくすること
・リノベーション=さらに良いものに生まれ変わらせること

似ているようで全然違うものだとご理解いただけると思います。物件の建物はそのままに中身は完全に違うものへと生まれ変わらせるのがリノベーションなのです。

リノベーションで物件が生まれ変わる

リノベーションとリフォームの違いって?
私たちカナリノは、中古物件の間取りや配置を全て見直して、さらに住みやすく改善したリノベーション物件をお客様にご提供しております。
 そのため中古マンションでも、今までの典型的な間取りのまま中身をキレイにするリフォームとは違い、お客様のご要望や暮らし方に合うように大胆に間取りや配置を変え、全く新しく「リノベーション」して、生まれ変わらせることができます。
 つまり、ただ中古マンションを買うというのではなく、お客様のご要望通りの間取りや配置に、中古マンションを全く新しく「新築し直す」という認識の方が正しいかもしれません。
 その自由さが、リフォームとリノベーションの違いであり、お客様がリノベーション物件を求める最大の魅力です
WORKS MORE